ゼットン大木のパチンコ人生相談 未分類

こちら日拓本店前練馬ジャンボリーズ本部

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
有馬<新規
ホールで釘を眺める度に年末であることを痛感させられた一週間ですが、リニュや新規、並びにその競合店はまだまだ打てる台もある感じで。

今日も有馬を買うか、それともホールに繰り出すか、しばし迷った結果(馬券買わなくて大正解。またヤラかすところだった)、後者を選択したわけですよ。

新規オープンの3日目に顔を出したんですよ。そしたらそこのお店、4分の1が羽根デジで、8分の1が海、残るは…要するに100-25-12.5=6割強は、牙狼や北斗といったMAXタイプばかり。しかも等価。

香ばしいというか、2008年を象徴するというか…とにかく「アンタ分かってる!」的なラインナップにめためた惹かれました。

で、数あるMAXタイプの中から選んだのは(←海と羽根デジはスルーかよ!)、レインボーマン。

この台が出るまで「死ね死ね団」というのは稲中が産んだものとばかり思ってた…。

と、例によって話が脱線しそうなので言いたいことを簡潔にまとめますと、あれはヒドい。

無知なヤツはハイエナされろ、と言わんばかりの仕様ですから。

事実、まともに打ったのは今日が初めてだったんだけど、潜伏くさいって状況はおろか、それどう考えても確変残ってるだろ(←開眼中に虹色のオーラを放ってたんだけど、開眼を抜けてヤメ)的なところでもバンバンお客さんがヤメんのね。

自分がもうちょっと理解してたら「まだ打った方がエエですよ」とかアドバイスできるんだけど、何ぶん手探り状態だったもんだから。

ま、このブログ読んでくれてる方は、掘られるよりも掘る側だと思うから、細かいことは言いませんが、来年以降も新台を触る際はくれぐれも気をつけましょ。バトルが流行るってのは広義で潜伏系の機械が増えるってことなんで。


最後に。今回の更新をもってこのブログをヤメようと思っとります。ここ1ヶ月ほどは頂戴したコメントに返信つけられず、というか、単なる怠慢なんですが、返信せず申し訳ございません。


また「散ってこその桜花、傾いてこその漢花」の桜が咲き乱れる頃か、100万近い配当が付いた有馬記念でも「ね、言ったとおりでしょ」といった感じで、競馬の予想に自信が持てるようになった頃か。いつかはハッキリと分かりませんが、どこぞでブログをやり出すかも知れませんので。きまぐれオレンジロードで始めるかも知れませんので。

その時はどうかまた暖かい目で見守ってあげてください。

とりあえずは永い間ありがとうございました。
どこぞのパチ屋で見かけることあれば気軽に声かけてください。

それでは良いお年をお過ごし&お迎えください。


2008.12.28 ゼットン大木








スポンサーサイト
先読み
機能を活かした演出が当たり前のように盛り込まれてますが、正直どれもイマイチというか。上手く使いこなせてないなと。

必要以上に騒がしかったり、まるで意味を見出だせなかったり。

かと思えばアホみたく先読みに依存してて、普段はこれでもかとエラそうな演出が立て続けに出てもユダばりに裏切るくせに、ちょい珍しめの先読みが出たらアッサリ当たる台があったりして。

使いこなせないんだったらムリして付けなくてもいいんじゃないかと。そんなことを思うわけですよ。

とりあえず前回のブログネタにしたエウレカだっけ。あれの先読みはいいと思いますが、同じくバトルタイプで意欲的に先読みを盛り込んだブルースリーは‥‥。

打ち比べてもらえれば分かるというか、エウレカが年明けに導入されたらお金と時間がある方はぜひ打ち比べてもらいたいなと。


とりあえずブルースリーだけゆーときますと、保留が変わるだけじゃまるで意味なし。変わってさらにクルクル回転するとエラいんですが、回転してもフツーにガセるんですね。バンバン。

ただリーチになると今んとこ全部当たっとるわけでして。

でっかい画面にいろんなアクションが出てきますが、一番大事なのはちっちゃな保留玉かと思うとね‥。

でもまあ、これがヤングさんを虜にする高尾感ってやつなのかも知れないですね(←違うだろ!)。




セブン
エバ、アクエリオンに続けとばかりに(?)エウリカセブンなるTVアニメがパチンコになるらしいです。

なるらしい、というか今日ショールームに展示されたんで打ってきたんですけどね。

とりあえず台に対する評価はさておき、そのタイトル。

エウリカゆーのは主人公の名前なんで分かりますが、その後に並ぶセブンの文字ね。

明らかにパチンコを意識してるんと違うの、と。

メディアミックスの中にパチンコを対象とした版権ビジネスも含まれてんと違うの、と。むしろそこに結構な比重を置いてんじゃないのと。

ホントはちゃんとした意味があるのかも知れませんが、この台が出ると聞いたときにエウリカセブンて何。まったく知らんぞと。

サザンのエロティカセブンしか知らんぞと思ったオッサンには、そうとしか見えないわけでして。

はい、こういうのをゲスの勘繰りってゆーんだよね。知ってる。

でも当たってると思うんだけどなぁ。

↑パチの乱数当てろよ!
振り返り
一年を振り返るコメントを書いたり喋ったりしていると、今年ももう終わりかと。あらためて実感するわけでして。

まだ一ヶ月以上残ってるとはいえ、昨日その手のコメントをしたわけですよ。

で、今年を振り返るとやはりMAXタイプの躍進、あと対極にある1パチも市場を広げた一年だったのではないかなと。

ぶっちゃけ1パチなんて、羽根デジがあるから要らんだろと思ってたんですが、やはり羽根デジと違って5千円、1万円がペロリって状況にはそうそう遭遇しませんからね。

そんだけ使えば初当りを何度か引いて、出たり飲まれたりを楽しめてる可能性が高いですから。

昨日、ガロにイジめられた後に、よれた羽根デジでもサクッと1万飲まれてしまい、ついついそんなことを考えました。

つか、よれずに最後までガロ追っかけろよ、オレ(←どこも殿様営業だからムリ!)。
はやい
先日、知り合いが今年も終わり、みたいなことゆーてたんで、「まだ二ヶ月もあるだろ」と返したんですが、気付けば11月も折り返しを過ぎており、ホントに日が経つのは早いなと。コメント返す間もなく、気付けば7の付く日になってるし(ということで返コメはちょいお待ちください)。


で、「はやい」と言えば忘れちゃならないのが、ガロ。大人の事情で大々的にうたうことを控えとるようですが、機種名(サブタイ)に超速ってついてるぐらいだし。

出る方はもちろんのこと、回りの乏しい台ばっかだから飲まれるのもとにかく速い。ビックリするくらい速いかなと。

ガイドの日記に書くので詳細は控えますが、昨日もネタ探しの一環で半日ほど打ったんですよ。ほっだらソッコーで引いた7連が簡単にペロリ。

いやはや、驚く荒さというか、速さというか。

ま、打ってる間はダメダメな演出(=通常時)につき、速いと真逆の感覚、タルくてしょうがありませんでした。何度打ってもあの演出は個人的に苦痛。

ただ、だからこそ、普段の落ち込みが激しいからこそ、連チャン時の高揚感はハンパでなし。

もしかしてそこまで考えて、あえてツマンなくしてる? だったら天才!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。